2019年6月23日に視聴した仮面ライダージオウの第40話・EP40「2017:グランド・クライマックス!」についての感想です。

※視聴前の方はご注意下さい。

はじめに

前回から電王回、今回はようやくグランドジオウのお披露目回です。

40話全体の感想

グランドジオウのド派手な戦闘シーンばかりで、祭りって感じの回でした。

グランドジオウ変身時のウォッチの声もぜ~んぶ聞けてお得感もあります(笑)

それと、電王側では前回は登場しなかった桜井侑斗とデネブが合体した仮面ライダーゼロノスのベガフォームやモモタロスたちが合体した仮面ライダー電王のクライマックスフォームも登場。

戦闘シーンの大サービスもあってファンには嬉しい展開でした。

砂のイマジンがあんなショッカーみたいに増えまくったときはどうするんだろう?って思いましたが、あっさり撃破。

電王チームの見せ場はカッコよかったですね。

後、ストーリー的にも終わってみれば秀逸でした。39話みたときはどう着地するんだろ?って思っていましたが、ドラマとしても大人でもウルウルくる感じ。

それと、当初はソウゴを未来の最低最悪の魔王と警戒して憎まれ口たたいていた桜井侑斗が過去のタクヤを説得する姿を見ていて認めるところ、さらに最後はアナザー電王から元に戻った未来のタクヤも姉の恋人への恨みを捨てて感謝の言葉を述べたりと、地味にいいシーンもありました。

電王勢がワイワイしていて、コミカルなので、アナザー電王側が逆に引き立ったような感じだったのかな?

40話の要約

前回せっかく揃ったウォッチだったが、桜井侑斗の言葉でモモタロスに電王ウォッチを取り返されてしまう。

その後、デンライナーに乗って2017年へと向かったアナザー電王を追いかけ、イマジンやアナザー電王と戦うソウゴたち。

電王ウォッチをモモタロスから渡されグランドジオウに変身し、アナザー電王を倒すが、直後オーマジオウの元へ飛ばされてしまう。

感想

常磐ソウゴ

時間を止めたり、すべての平成ライダーの力を引き出したり、ソウゴはもう無敵状態になりつつありますね。

今回は特にそれほど強いとはいえないアナザー電王相手にやりすぎなくらいの力で圧倒しちゃってます。

グランドジオウの頭の上の金色の小さなジオウはいったい…?なんて野暮なことは考えてはいけません(笑)

今回は、クウガ、ビルド、オーズ、鎧武の力と時間を止める能力まで披露しました。

もうタイムジャッカーとかソウゴには勝てそうもないですね。

しかし、このキラキラウォッチ、重そうですよね。

ベルトに装着した時に、左右のバランスが明らかに悪い感じ。声はめちゃくちゃ豪華なんですけどね。

甥っ子がほしがるんですが、買ってあげようか迷ってます…。

あんまり、買ってあげると弟夫婦に色々言われちゃうしなぁ(´ε`;)ウーン…

明光院ゲイツ

前回とは違い、モモタロスの憑依を回避したゲイツ。

ソウゴがいないときにアナザー電王の相手もするし、すごく便利キャラになってます。

ゲイツリバイブって、登場からずいぶん経過しているのに、疾風も剛烈も強くてスゴイですよね。

今回のソウゴのパワーアップで強さ的には、少しだけ差がでている感じるところもありますが、このままラストまでずっと強い存在であってほしいです。

ツクヨミ

今回は影めっちゃ薄いです。

クジゴジ堂でユキヒロさんとの会話でちょっとだけ目立つのみ。

次回予告では、出番ありまくりだったので、期待しましょう。

ウォズ

冒頭、いきなりモモタロスに憑依される人(笑)

今回はソウゴが魔王になれてスゴく嬉しそうでしたね。

1話からの苦労が報われたって感じ。

と思ったら、次回予告で加古川飛竜くんの横に立ってるんだから面白いです。

ウォズが味方側、敵側の中で1番キャラが変わりまくった人なんじゃないでしょうか?

今まではウォッチ集めで魔王になるソウゴに協力していましたが、これからどう動くのか楽しみな存在です。

そもそも、なぜレジスタンスの一員だったウォズがオーマジオウの配下になったか、いまだに判明していませんからね。

仮面ライダーウォズギンガファイナリーの力もあるし、ソウゴ側、オーマジオウ側、タイムジャッカー側、あるいは野望を秘めた独立した存在、のどの立ち位置になっても面白そうです。

桜井侑斗(役者:中村優一さん)

嫌な役っぽくみえて、きっちり頼れる味方っぽいところは、桜井侑斗健在って感じでしたね。

病院でソウゴたちをのぞき見しながら、きっちりデネブとのプロレス技かけるシーンまであってファンが喜びそうな嬉しい演出がいっぱいでした。

しかし、前回も思ったことですが、中村優一さんは響鬼回の時から髪型変えるだけで、ずいぶんと印象が違いましたね。

桜井侑斗と桐矢京介って口の悪さはどっこいどっこいだったから、演じ分けは難しそうに思えたんですが、役者さんってすごいです。

それと気になったことが…。

最後に、ソウゴに意味深なセリフをいっていましたが、もしかしてビルドとかアギトみたいな展開とかあるんでしょうか?

10歳のバス事故の時に、加古川飛竜と入れ替わっているとか…?

さすがに、それだったら、ソウゴくんを引き取ったオジサンがあまりにも間抜けすぎるし、多分ないでしょう、と思いたい。…多分…。^^;)

イマジンたち

目立ったのは、モモタロスとデネブのみ。

ほかのメンバー(ウラタロス、キンタロス、リュウタロス)は最後にモモタロスが変身するときに申し訳程度に登場。

モモタロスとゲイツは相性よさそうで、意外に仲良くなれそうな感じでしたね。

デネブのほうは病院で白衣を着て変装してるのか、してないのか…(笑)

今回は、ストーリーとしては重く悲しいものだったのに、イマジンたちの存在のおかげで悲しさが緩和された感じでよかったです。

ちょっと残念だったのは、敵側の名前も紹介されなかった砂のモブイマジン(モールイマジンっていうそうです)。

あっさり倒されてそれほど目立つこともない終わり方でした。

アナザー電王ですら、グランドジオウの演出用なわけで、モールイマジンさんを含めて敵側はちょっと可哀想なくらいでしたね。

アナザー電王・遠藤タクヤ(役者:後藤大さん)

アナザーライダーになった人の中でダントツに気の毒な人。

ほかの人たちもそれぞれ事情があってアナザーライダーになったけど、この人それほど罪を犯していません。

過去のタクヤさんもソウゴがきちんと話せばわかってくれる好青年だし、アナザーライダーから変身解除した未来のタクヤさんもユキヒロさんに「ありがとう」って感謝しているし、普通にいい人じゃないですか。

正直、あそこまでグランドジオウにフルボッコにされなくてもよかったと思います(;_;)

…まあ、最後は、悲しい終わり方だったけど、救いがある余韻もあってよかったのかな…。

大澄ユキヒロ(役者:重徳宏さん)

ただただいい人だったユキヒロさん。

タクヤくんに怒りをぶつけられても黙して語らず…立派な人です。

グランドジオウに霞んでいたけど、彼にとっては恋人との悲しい結末だった回でした。

ユキヒロの恋人役の遠藤サユリ:(女優:秋山ゆづきさん)

車椅子の綺麗なお姉さん。儚げで綺麗な人でした。

タクヤくんに生前きちんと説明していれば…。

でも、最後はみんな笑顔でよかったですね。うるうるものでした。

ちなみに、3人がいた場所はここです。

横浜港シンボルタワー

公式サイトはこちら → http://www.y-stower.com/

地図も貼っておきます。

ベイブリッジはもちろん、その周辺の見晴らしが抜群の場所。

今度、いってみたいです。

オーマジオウ

なんか最後に登場したオーマジオウさん。

いつもオープニングのナレーションで小山力也さんの声を聞けるので、久々の気がしないw

グランドジオウと違うフォームなのはやはり理由があるんでしょうか?

次回予告で、加古川飛竜が登場するけど、もしかして…いや、ないか…。

最後に

あっという間に、電王回が終わり、最後にオーマジオウとの決戦開始。

でも、次回予告では、なんと、あの加古川飛竜が再登場とか、驚愕の展開です。

ウォッチも全部揃ったし、これで、オーマジオウと対決と思ったら、歴史が改変されてみんなの立ち位置が変わるみたいですね。

今回、タイムジャッカー真面目に介入してなかったけど、仕事してたんですねぇ…。

しかし、加古川飛竜くん改心してなかったのか…(´ε`;)ウーン…

ともあれ、ストーリーも一気に進みそうなので、次回は絶対見逃せませんね。

以上、仮面ライダージオウの40話の感想でした!

⇒ 仮面ライダージオウの最新話を見逃したけど見たいと思ったらコチラをクリック!

スポンサードリンク