2019年5月26日に視聴した仮面ライダージオウの第37話・EP37「2006:ネクスト・レベル・カブト」についての感想です。

※視聴前の方はご注意下さい。

はじめに

前回は、ソウゴの初恋物語(キバ編)で、キバウォッチとギンガウォッチを手に入りました。

アナザーキバの設定が悪者すぎるからこそ、ギャグっぽく、かつ主人公に救いをもたせないといけないので、あの終わり方だったんでしょう。(と思いたい!)

で、前回までの設定の疑問が今回指摘されています。

それは、ブレイド編やアギト編で、アナザーライダーが現れたのに、仮面ライダーたちは力を失わなかったこと、というもの。

これを今回、ツクヨミが指摘していて、情けないことに、私ははじめて気がつきました。

前回のキバ編でアナザーキバが仮面ライダーウォズギンガファイナリーに倒されたことや、今回のカブト編で登場した加賀美新の記憶とジオウ時空は微妙に違っていること(渋谷が壊滅していない)と同じですね。

同じライダーのウォッチを使わないとアナザーライダーは倒せないとか、そういう設定がなくなってきて、本来のオーマジオウの世界から変わってきているって明確に作品内いわれています。

ただただ、感心して「よくできているなぁ~っ」つぶやきながら、視聴してしまいました。

レジェンドライダーに関して、設定やイメージを壊したりすることなく、面白く仕上げているのは、ジオウという作品に関わっている人たちがスゴいのでしょう。

今回のカブト編は、特にジオウとマッチした感じで、面白いです。

オープニングにカブトOP曲を連想させる演出はかっこいいし、「弟味噌」のカップラーメンで、兄弟ラーメンを思い出させる演出は笑えましたし。

シリアスもギャグも両方使いこなしていますよね。

もちろんガタックとワーム、パンチホッパー、キックホッパーなどの戦闘シーンも迫力あるって盛り上がり抜群。

ジオウを視聴して思ったのは、それぞれ登場した過去の仮面ライダーたちの作品を見てみたくなる作りになっているなぁってことです。

実際に、ジオウを含めて平成に入って20作品もあるので、ちょっとの時間では視聴しきれないくらいですが、絶対にもう1度完全視聴しようと思っています。

37話の要約

隕石が堕ちてきてワームとよばれる地球外生命体が現れたので、仮面ライダーガタックの加賀美新と協力しそれに対処するソウゴたち。

ツクヨミは自分の記憶を取り戻すべく、門矢士の提案を受け入れて未来へと飛ぶ。

2019年では、隕石が飛来、それをフォーゼウォッチでジオウが壊すが、その後ろから、さらに大きな隕石が現れた。

感想

常磐ソウゴ

ジオウⅡでパンチホッパーにあっさり対応。

その後、アナザーカブトに会うためにあえて罠にかかる時の、悪い表情はオーマジオウそのもの。

多分、わかりやすい演出なんでしょうが、ソウゴ役の奥野壮さんは悪役もバッチリいけそうな感じですね。

ノーテンキっぽさを装いつつ、悪役ムーブもできるし、今回は表情がコロコロ変わって面白かったです。

後、フォーゼが久々に見れたのがよかった(小並感)\(^o^)/

明光院ゲイツ

隕石が堕ちた場所にウォズとともにかけつけワームを見るゲイツの表情の嫌そうなこと(笑)

虫とか嫌いな感じがスゴいします。成虫もゲイツリバイブ疾風であっさり倒しちゃいますけどね。

ゲイツとウォズはなんだかんだでいいコンビっぽいですね。

元はレジスタンスの上司と部下の関係で、なんでウォズが裏切ったかとか、まだわからないので、完全に信頼しているって感じではないですが。

今回は、ソウゴが隕石担当で、ゲイツとウォズがアナザーカブトとパンチホッパー担当みたいになるのかな?

ツクヨミ

タイムジャッカーと同じ能力を今回も披露。

響鬼編やキバ編では、ツクヨミについて何もわからず、もどかしかったけど、ようやくって感じですね。

記憶の中にでてきた3人、父親と母親ともうひとり、あの黒い帽子の男ってスウォルツでしょうか?

以前、ツクヨミの父親がオーマジオウとか感想で予想してた私ですが、それだとスウォルツも、ってなります。

どうなんだろ…?それだとスウォルツが別の王を擁立するはずがないし…。

だんだんこんがらがってきましたね。次回でどうなるのか…?

ウォズ

さっそくキバ編で手に入れたギンガウォッチを使って、あっさりとアナザーカブト撃破。

重力も操るし、強いですよね~。

変身しないままでも、マフラーや逢魔降臨暦での攻撃やワープもあるし、ツクヨミの正体にほぼ気がついているし、一番のキレ者っぽい。

だけど、今回はソウゴに操られる感じでした。ウォズが流されるままを装っているのか、それともソウゴが頭いいのか。

ツクヨミが門矢士と2058年にいったことを知った時の表情をみると、オーマジオウの未来をまだ諦めてないっぽい感じですので、わかった上で使われる立場に甘んじているっぽいですが…。

回によって、両者はずいぶんと印象が変わってしまうので、この君臣の関係を見ていると楽しいです。

ウール

出番は冒頭部分の夜の東京タワー近くで隕石が堕ちるのを見るところだけ。

ちなみにオーラはでてきません。

ウールくんは「夜遊びしてないで早く寝ろ」ってスウォルツに後で怒られてそう。

スウォルツ

じっとツクヨミを見る姿が、悪者には見えない感じ。

というか、タイムジャッカーなら障害になりそうな存在であるツクヨミを即排除するはずなのに、しないってことは…。

以前の10才の頃のソウゴのバス事故の時のスウォルツといい、門矢士を排除しない今回といい、なんかやってることがわからない。

いまさらだけど、タイムジャッカーが擁立したい王ってアナザーライダーじゃないのかも…。

常磐順一郎

ラジオ修理して隕石が振ってくるニュース聞きびっくり仰天してます(そりゃそうだ)

常磐順一郎「どんどん修理がうまくなってる。」

っていう時の表情が嬉しそうな悲しそうな複雑な感じです(笑)

ちなみに、冒頭でニュース見ながらみんなが食べている朝食、ご飯、味噌汁、豆腐、サバの味噌煮、サラダ、と豪華。

これもおじさんが作ったんでしょう。子供4人を育てているみたいです(^_^;)

門矢士(井上正大さん)

レジェンドライダーなので悪者ではないのでしょうが、スウォルツと会話してたり、怪しい動きばかりの人。

まあ、でも、ディケイドは好きだったので、単純に門矢士が何度も登場するのは嬉しいです。

今回は、ツクヨミが悩んでいるところにふら~と現れてふら~と連れ去ってしまいました。

便利ですよね、あのワープの仕方。

ゲイツ、ツクヨミ、門矢士の集まっていたシーンは、妹が恋人とデート中にちょいワル兄貴が現れたっぽい感じになってました。(^_^;)

しかし、これまでの門矢士の動きを見ると、ソウゴたちの味方っぽいというか、悪者には見えないです。

ジオウはディケイドと設定が似通っているので、なんというか、道案内役っぽい感じです。

次回はコックになるみたいで、いろんな服着て演技して井上正大さんも大変だなぁ。

仮面ライダーガタック・加賀美新(佐藤祐基さん)

久々のガタックのカッコよさに痺れました。

加賀美新も熱血青年って感じだったのが、スーツ着こなして酸いも甘いも噛み分けた中年になっていて感無量。

ZECTの見習いから父親の警察官として働いているところも、いいですよね。

アギト編で登場した、氷川さんや尾室さんとかと面識とかあったりするのか?なんて想像すると面白いです。

熱血漢な部分はアギトの氷川誠に似ているし、2人揃うと熱血刑事ドラマがはじまりそう(笑)

アナザーカブト・矢車想(徳山秀典さん)

アナザーカブトとして倒されてもキックホッパーにあっさり変身。

アナザーカブトより、キックホッパーのほうがカッコいいです。

ただ、カブト本編以上に、なんか正気を失っているような矢車に、ちょっと引き気味。

カブト本編の後に、ずっとやさぐれ続けていたのかと思うと、その転落ぶりは文字通り「地獄」だったでしょうね。

意味もなく川の中をじゃぶじゃぶ歩きながら、あの名台詞

矢車「今、誰か俺を笑ったか…」

をいっているところなんか、ヤベーヤツ感全開でした。

次回あたり、矢車にも救いのある終わり方になってほしいですが…。

パンチホッパー・影山瞬(内山眞人さん)

ソウゴくんの写真とワームの影山のギャップに吹きだした往年のファンは多いハズ。

内山眞人さんは出演の1ヶ月半前から、ダイエットにがんばったようです。

テレ朝ポストでコメント残しています。(記事の最後の方です)→ https://post.tv-asahi.co.jp/post-87162/

まあ、でも、カブト編以外の過去のライダー作品に出演された人も、以前とずいぶんと違っているので気にはならないですけどね。

パンチホッパーの姿は、久々でしたし、ガタックとの戦いの演出もすばらしい。

影山はすでに死んでいてワームだっていう設定も面白いです。それに乗っかっている矢車も「らしい」ですしね。

ところで、あの「弟味噌」のカップラーメン、売ってないんだろうか。

私を含めて、あれみたジオウファンの人は絶対に買っちゃうと思うんだけどなぁ~。(;^ω^)

最後に

隕石壊したら、よりでっかい隕石が現れたとか、キバ編以上にカブト編はギャグ化が進んでいます(笑)

そして次回予告でついにカブトが登場しています。もしかして、加賀美がカブトになるとか?

それと、門矢士がコックのコスプレしていて、シリアス顔なのに面白すぎる(笑)

物語の核心部分に迫りそうな展開が予想されるのに、予告の子供の頃のツクヨミと会うワンシーンのカットだけで、じわじわ笑いがこみ上げてきます。

次回は、必見ですね。

以上、仮面ライダージオウの37話の感想でした!


⇒ 仮面ライダーゼロワンの最新話を見逃したけど見たいと思ったらコチラをクリック!

スポンサードリンク