2019年4月14日に視聴した仮面ライダージオウの第31話・EP31「2001:めざめろ、そのアギト!」についての感想です。

※視聴前の方はご注意下さい。

はじめに

前回は、ブレイド回でジオウトリニティお披露目回でした。

剣崎一真と相川始が人間になるトゥルーエンドに往年のブレイドファンはにっこりなラストでしたね。

今回からはアギト回です。津上翔一、風谷真魚、尾室隆弘の3人が出演します。

アギトの登場からの変身シーンにしびれること間違いなしの回です。

さらにジオウⅡ、ジオウトリニティ、ゲイツリバイブ、仮面ライダーウォズ、仮面ライダーアギト、G3、アナザーアギトとたくさんのライダーが登場します。

特にアギトの戦闘シーンはカッコいいので必見です。

31話の要約

アナザーアギトがG3部隊に襲いかかる事件が発生。ソウゴたちはアナザーアギトの行方を追ってレストランAGITOΩに向かうが空振り。

連絡を受けてフランスから帰ってきた津上翔一はツクヨミを助けるため仮面ライダーアギトに変身したが、スウォルツの策略によってアナザーアギトたちに包囲されてしまう。

感想

常磐ソウゴ

いまだニートのまま。今回はゲイツと仲良くアナザーアギトを追いかけてます。

そして、ネット(Qooq-lueとかいう架空の検索エンジン)で調べたレストランAGITOΩにいき、このセリフ。

常磐ソウゴ「俺、常磐ソウゴっていいます!仮面ライダーアギトさんいますか?」

18才の男の子がいうセリフがコレ。

この時の横で慌てるゲイツの表情を見ていると笑ってしまいます(笑)

今回は、ジオウⅡやジオウトリニティに変身し戦闘シーンも面白いです。

G3部隊とアナザーアギトが複数、さらに仮面ライダージオウ、ゲイツ、ウォズと入り乱れての戦いはライダーづくし。

ジオウトリニティとアギトのフォームの平成ラストと平成の初期のフォームの違いも楽しみながら視聴できました。

明光院ゲイツ

ソウゴと仲良くアナザーアギト探しを続けるゲイツ。

海外に津上翔一がいるとわかるとタイムマジーンでいってみようと提案するシーンも友達みたいな感じで並んで歩いて微笑ましい。

後、クジゴジ堂のシーン。

ソウゴ「俺はすべてのウォッチを集めようと思う。」

というソウゴに対しても、

ゲイツ「オーマジオウのいいなりになるつもりか。」

って厳しい表情でいいながら微塵もソウゴを疑ってない感じがいいですね。

初期から紆余曲折を経て信じ合える本当の仲間になったって感じで。

ツクヨミ

生身でアナザーアギトと戦える強い美少女。

ツクヨミが本名でないことと記憶喪失という設定が判明しました。

スターウォーズに登場しそうな光線銃を使いながら逃げ回ってます。

しかしながら、白くてヒラヒラの服と黒タイツでアクションシーンは日曜9時でお色気が強すぎる。

最終的にはツクヨミもパワーアップして戦う枠になるんでしょうか?

タイムジャッカーみたいに時間をコントロールできるだけでも充分強いけど…。

黒ウォズ

白ウォズが消えてしまい黒ウォズとしてのシーンが多かったですね。

今回は仮面ライダーウォズ フューチャリングクイズになってもいますが、クイズで電撃攻撃はなし。

ギャグとして、こんなセリフを…。

仮面ライダージオウトリニティ(黒ウォズ)「ひれ伏せ!我こそは仮面ライダージオウトリニティ。大魔王たるジオウとその家臣、ゲイツ、ウォズ、三位一体となって未来を創出する時の王者である!!」

ぶれないなぁ(笑)

ウォズ関連で1つ気になるのが、ソウゴたちとの会話シーンで何故か周囲に響く感じになっていたりするときがあること。

普通に話しているときもありますが、あれって何かの伏線なんでしょうか?ちょっと気になります。

ウール

スウォルツが勝手に動いているのが不満たらたらでなにか悪巧みしてます。

これは死亡フラグのような気も…。

オーラ

ウールの意見に賛同しつつも様子見。

美味しいところだけもっていこうとする気まんまんの小悪魔。

スウォルツ

今までと違って、前面に出て指揮を取っています。

もうスウォルツはウールやオーラは眼中になしで勝手に一人で動きはじめています。

ツクヨミの正体も知っているみたいですし、黒幕感バリバリですね。

後、どうでもいい感想かもしれませんんが、スウォルツがどアップでツクヨミについて考察するシーン、息が白くて寒そうでした。

役者の兼崎健太郎さん、よくビルの屋上で景色を眺めながてるシーン多いけど、寒空の中あの露出の多い格好で大変ですね。

常磐順一郎

ほんのちょっとだけ登場。G3が襲われる事件についてソウゴくんに教えてくれます。

…オーマジオウに対抗するにはどうすればいいか悩むソウゴたちと対称的に、なんか一人だけ幸せそうな雰囲気です…。

津上翔一(沢木哲也)・仮面ライダーアギト(役者:賀集利樹さん)

フランスのエッフェル塔の真下という最高の立地に存在するレストランでフランス料理の修行中の津上翔一さん。

フランス語もペラペラになってます。

アギト時代は髪の毛も茶髪で陽気な兄ちゃんって感じでしたが、今はキリッとした頼れるおじさんな印象です。

しかも、ツクヨミを助ける登場シーンの強キャラ感が半端ないですね。

ジオウに登場したレジェンドライダーの中でもトップクラスではないでしょうか。

ベルト部分だけ光ってゆっくり暗闇から登場するシーンはしびれました。

変身後の格闘シーンもまた正統派のライダーっぽく、今のようにCGの技を多用しないでパンチキックで戦うのもイイ。

スタントの方々の戦闘の型が綺麗なので見てても今風のCG多様戦闘に比べて全く遜色ないです。

次回も最後まで頼れる、そしてカッコいいアギトであってほしいですね。

風谷真魚(役者:秋山莉奈さん)

レストランAGITOΩを切り盛りしてる美人のお姉さん。

アギト時代の女子高生がさらに成長して大きく綺麗になったんですね~(*^^*)

ソウゴくんを変な子っていってます(笑)

尾室隆弘(役者:柴田明良さん)

警視庁の未確認生命体対策班の主任にいつの間にか出世して、今では多くの隊員のリーダー的な存在になっている人。

アギト時代の弱々しさがなくなって頼もしいです。

G3ユニットを全国に配備しようと考え、それを上層部に認めさせようとしているっぽいですね。

しかしですよ、なぜ、警察の施設内でG3がアナザーアギトに襲われた映像がマスコミに流れるのか?

これは確実に尾室さんの責任問題に発展しそうな予感。

アナザーアギト

中身は木野薫ではありませんよね?彼はすでになくなっているはずですし…。

でも、やっぱいいですよねアナザーアギト。

メカっぽさより生物っぽさが際立つ、でも超強キャラ感があるカッコいいアナザーライダーです。

ゾンビ映画のように増殖するのにはびっくりしましたが…。

最後に

アナザーアギトに囲まれた仮面ライダーアギトだけど、ツクヨミが人質にならなければスウォルツを含めてあっさり撃破しちゃいそう。

津上翔一も記憶喪失設定だったし、多分ツクヨミとはそれで関わることになるでしょう。

次回にはツクヨミの正体とか判明するのでしょうか?どうなるのか楽しみですね。

以上、仮面ライダージオウの31話の感想でした!


⇒ 仮面ライダーゼロワンの最新話を見逃したけど見たいと思ったらコチラをクリック!

スポンサードリンク