2018年9月30日に視聴した仮面ライダージオウの第5話・EP05「スイッチオン!2011」についての感想です。

※視聴前の方はご注意下さい。

はじめに

前回は、エグゼイド編でした。

アナザーエグゼイドも倒し、めでたしめでたしで終わって、展開も子供にわかりやすい感じでよかったです。

戦闘シーンもコミカルさがありつつも、派手目でかっこいいのもジオウのいいところです。

私はアマゾンプライムとauビデオパスの両方に登録しているので、
過去のライダー作品をたくさん見ることが出来るのですが、平成初期と比べてずいぶんと明るい感じですよね。

血がドバドバでるような暗めの仮面ライダーもいいですが、
明るくわかりやすい正義の味方で人間関係もあまり複雑でないジオウは安心して見ることができます。

難点は、過去と現代を行ったり来たりする設定で、こんがらがる部分があることですが、
1話からここまで見続けて、だんだんと視聴途中で「ん?」となることなく、内容がすっと頭に入ってくるようになりました。

が、今回から、仮面ライダー555(ファイズ)のキャラクターも登場します。

あの草加雅人やファイズの主人公の乾巧も登場するので、
ここまでなかったドロドロ感が一気に吹き出てこないかちょっと心配です。^^;

2人ともに存在感ありすぎですからねぇ…。

5話の要約

学校から帰宅したソウゴはツクヨミとゲイツから女子生徒連続失踪事件について知らされ、一緒に捜査を開始するため天ノ川学園に潜入する。

その結果、山吹カリンという女子生徒が次に狙われる可能性がわかり、
さらに学校内でアナザーフォーゼに襲われているところを発見し戦闘になる。

山吹カリンがアナザーフォーゼをかばい逃亡される。

戦闘現場を見ていた天ノ川学園の生徒に連れてこられたライダー部でフォーゼウォッチを顧問の大杉先生から託される。

ソウゴとゲイツは2011年に移動し、アナザーフォーゼと戦闘し撃破するが、新しいアナザーライダーになって襲いかかってくる。

一方、2018年ではツクヨミが山吹カリンを見つけ出すが、そこにフードをかぶった男(草加雅人)が襲いかかってくる。

草加雅人から女子生徒をかばうツクヨミ。

そんなツクヨミを助けるように現れたのは乾巧だったところで終わる。

印象に残ったシーンの感想

もはや完全に仲間になったソウゴとゲイツ

4話の最後でゲイツを信じるといったソウゴに気を許したのかゲイツはもうツンデレのデレ気に入っている気がします。

そして、紅一点のツクヨミは2人を暖かく見守る綺麗なお姉さん枠でしょうか…。

なんか、ソウゴの性格がゆるいせいなのか、2人もすっかりペースを握られている感じです。

今回はソウゴとゲイツの仲良しぶりに注目してみました。

天ノ川学園に潜入する時

と、ここからのソウゴくんとゲイツの絡み。

友達が初めてできた少年のような笑顔のソウゴくんが印象的。

ゲイツ「お前はくるな」

といいつつも、ソウゴが用意できるまできちんと待っているゲイツ。

アナザーフォーゼを倒すために2011年に飛ぶ時

2回目は、ゲイツはきちんとソウゴを待ってくれてます。

ゲイツ「ついてくるなといっても来るんだろ!」
ソウゴ「もちろん」
ゲイツ「勝手にしろ!」
ソウゴ「勝手にします」

ツンデレですね。^^;

完璧に仲良い友達じゃないですか。

冒頭の下校シーンで、友達同士が楽しく語り合っている姿を自転車を引きながら羨ましそうに見つめるソウゴくんは、

ソウゴ「仲間か…」

なんて、セリフまでいって、ぼっちっぽさがにじみ出る演技してました。

まあ、王様になりたいなんて公然というやつと本当の意味で親しくするクラスメートなんて普通はいませんよね。

1話で柔道部員、3話でゲーマーの小和田くんと無難な付き合いはあるみたいですが…。

部活に所属するわけでもない、自宅に帰ったら遊ぶ友達もいなそうな感じです。

それが、初対面は命を狙われる形だったのに、いつの間にかゲイツと普通に会話し協力体制を築きあげてます。

友達はいないけどコミュ障どころか、ひとたらしすぎて王様の資質たっぷりです。

今回の問題が解決した、6話後あたりから、クジゴジ堂でゲイツやツクヨミと一緒に超笑顔で食事しててもおかしくないはずです。

ひょろいのにすごく強かったウォズさん

アバンでいつもストーリーの解説をしてくれたり、
ソウゴにいろいろと親切にしてくれたり、華奢で占い師っぽいウォズさん。

なんとなく、ハンターハンターのシャウアプフみたいな感じです。

ソウゴくんに絶対的な忠誠を誓っているウォズさんが今回は大活躍。

  • 戦闘が強い→生身でアナザーフォーゼの攻撃を防ぎ、弾き飛ばす
  • 知識がある→山吹カリンを追うソウゴの前に「流れ星」という助言をする
  • 今の所、敵側のタイムジャッカーよりもウォズさんのほうが怪しさ全開。

    ソウゴくんがいい子すぎるので、最終的にウォズさんが物語のラスボス的な立ち位置になるような気もします。

    今の所、底が知れないのは、このウォズさんだけ。

    後、大穴でビルドのマスターのときのようにクジゴジ堂の店主のオジサン(大叔父)が怪しいかも。

    いい人っぽい演技しても生瀬勝久さんなので、油断できない(笑)

    タイムジャッカーのスウォルツさん

    前回の感想でも紹介したスウォルツさん。

    これでオープニングに登場しているタイムジャッカーは全員揃いましたね。

    タイムジャッカーの3人は、仲が悪く、ツクヨミとソウゴとゲイツの3人と対称的な感じですね。

    …なんでしょう…、強引な兄貴とそれに反発する妹と末の弟って感じ^^;

    初登場で、

    スウォルツ「ウール、ショコラいるか?」

    これには笑ってしまいました。

    完全に、弟思いの兄、年の離れたお兄ちゃんにガキ扱いされる弟の構図じゃないですか。

    シリアスな表情なのに、いろいろとネタにしやすい、第二のゲイツみたいな感じです。

    だけど、スウォルツさんはウールやオーマよりはやり手っぽい印象。

    ただ、ノースリーブファッションはZガンダムのクワトロ(シャア)みたいでいただけない(笑)

    今回の5話の立ち位置もウールやオーラと同じような感じですよね。

    4話のウールとソウゴの巨大ロボ戦闘を見ても、それほど驚異に見えないし…。

    しかも、お互いに反目していて協力体制を築いていないのが致命的。

    今後、アナザーライダーがでるたびにタイムジャッカーが裏で関与していくとしても、
    やはりタイムボカンのドロンボー一味っぽい立ち位置になってしまうのでしょうか…?

    最後に

    ファイズの2人は、2003年から15年の時が経過しているのに、存在感が半端ないです。

    途中で登場した大杉先生に「おおっ」とちょっと嬉しさがこみ上げてきましたが、乾巧と草加雅人の登場には大人気ないくらい盛り上がってしまいました!

    2人とも私の学生時代に視聴したファイズの頃のイメージのままです。

    15年も経過すれば、スタイルの維持とか大変だと思いますが、そういうブランクを感じさせない演技力。

    2人ともに5話はちょっとしか現れなかったのに、他の登場人物を食ってしまいましたね(笑)

    次回予告では、乾巧と草加雅人が協力するような感じでしたが、どうなることやら…。

    以上、仮面ライダージオウの5話の感想でした!

    ⇒ 仮面ライダージオウの最新話を見逃したけど見たいと思ったらコチラをクリック!

    スポンサードリンク