2018年9月23日に視聴した仮面ライダージオウの第4話・EP04「ノーコンティニュー2016」についての感想です。

※視聴前の方はご注意下さい。

はじめに

前回は、大変身した仮面ライダーエグゼイドの宝生永夢が常磐ソウゴたちに襲いかかってきたところで終わりました。

てっきり、ビルドのときと同じく爽やかに協力体制を築いて敵に立ち向かうと思っていただけに新鮮な展開でした。

それと、今まで、現代と過去を行ったり来たりしてストーリー展開がわかりにくいと思っていましたが、だんだん慣れてきました。

ジオウも4話まで視聴して、なんとなく主人公勢の性格もつかめてきましたし、明るい感じのストーリーで楽しいです。

主人公の常磐ソウゴが楽天的な性格で明るくいいやつな雰囲気なのもポイントが高いですね。

今後の他の仮面ライダーたちとの関わりあいがすごく楽しみです。

4話の要約

仮面ライダーエグゼイドに変身した宝生永夢と戦闘になるかと思いきや、タイムジャッカーのオーマがあらわれ、アナザーエグゼイドを復活させる。

ゲームが解除され永夢に手を引くようにいわれたソウゴたち。ゲイツはソウゴに関わらないように釘をさしつつアナザーエグゼイドを倒すため2016年に向かう。

2018年に残ったソウゴとツクヨミはアナザーエグゼイド(飯田)を説得する永夢を見つけ、エグゼイドウォッチを託される。

2016年に向かったソウゴはエグゼイドウォッチを使ってアナザーエグゼイドを倒す。

原因不明の病に倒れていた患者たちは救われ、アナザーエグゼイドに変身していた飯田の息子も天才外科医の鏡飛彩によって救われる。

2018年に戻ったソウゴはゲイツとツクヨミに自分の信じる道をいくと宣言したところで終わる。

印象に残ったシーンの感想

だんだんポンコツ化してきた明光院ゲイツくん

1話、2話、3話と明光院ゲイツは主役の常磐ソウゴに対して
敵愾心をもっている人物として登場していました。(といっても軽め)

3話の終わりあたりからすでにメッキが剥がれはじめてましたが、
今回の4話で、もう完全に仲良しっぽさがでてしまっています。

後、役者さんの顔が綺麗なこともあって、怖そうな表情していても可愛らしいです(笑)

仮面ライダーの変身ポーズは非常にカッコいいし、
今回は戦闘シーンでもすごく活躍しているのでよかったのですが、

2016年でアナザーエグゼイドにやられかけた
ゲイツを助けた後にキラキラした目で、

ソウゴ「信じるよ、ゲイツも、ツクヨミも。
だからこそ、オレは戦う。」

全部終わって2018年に帰ってきた後のセリフ。

ゲイツ「ジオウ。ひとつ聞かせろ。あの言葉の意味を。」

ソウゴ「オレには王様になりたいっていう夢がある。
だから、二人には悪いけど、オレは自分の正しいと思う道をいく。
でも、もしオレが間違った道を選んで本当にオーマジオウとなると確信したら、その時はいつでも倒してくれ。
二人の判断ならオレは信じられるから。」

もう、こんな事言われたら、普通なら倒すことは無理です。

まして、悪ぶってるけど根のいいヤツであるゲイツくんにソウゴを倒すことは今後はできないでしょう。

ここから大どんでん返しでもない限りは…ですが。

後、ほんのちょっとでしたが、ゲイツの笑えたシーンがありました。

2016年の病院で永夢を見張っているゲイツにちょっかい出す子供が
ゲイツの特徴的な服を引っ張りながら「ほしい、ほしい」と2人の男の子にいわれ困惑してます。^^;

悪ぶっているようにみえて、実は面倒見のいい気のいい兄ちゃんっぽさがでていました。

今日のソウゴ語録

アナザーエグゼイドに変身しているのが、心臓病を患っている子供の父親だとわかった時のセリフ2つ

名探偵コナンばりの推理力を披露したソウゴくんがいいます。

永夢が飯田(患者の父親)を説得しようとしていることを言い当て、

永夢「よくわかったね。」

ソウゴ「似た人を知っているから。
倒さなきゃいけない相手なのに、その相手のことを救おうとしている人のことをね。」

ツクヨミをしっかり見ながら言い放つセリフです。

そして、次にそのままいうこのセリフ。

ソウゴ「それに、助けたい人を助けるため、必死になっているのはここにいるみんなの共通点だから。けど、他の人を犠牲にするのは違う。」

悪いことしていることをわかっている飯田(父)にはグサッときたはず。

正義の味方として倫理観もしっかりしているし、
王様になりたいなんてぼやっとした夢もっているのに、
いきなり非常にカッコよくなるソウゴくん。

仮面ライダーの主役はいろいろいましたが、
ゆとりっぽい非常にふわっとした感覚をもちながら、
やるときはきっちりやる面白いキャラクターだと思いました。

永夢が飯田のことや心臓病に苦しむ飯田の息子の恵介?くんについて悩むところ

飯田の説得に失敗しビルの屋上で佇む永夢に、

ソウゴ「永夢が全部を背負う必要はないよ」

といった後に、

ソウゴ「民を救うのって王様の役目だろ」

永夢「そっか」

キラキラした目でいうソウゴくんを前に、
永夢さんは調子を合わせつつ、エグゼイドウォッチを渡すいいシーンなんですが、
永夢(あっ、こいつダメだ…)みたいな表情をするところが秀逸でした(笑)

ソウゴくんの内面をよくあらわしたいいシーンなんですけどね。

結構ポンコツなタイムジャッカーたち

今回は、ウールとソウゴくんの巨大ロボット同士の戦いがありました。

なんかCGにお金かかっているなぁ~とぼーっとしながら見てました(笑)

仮面ライダーというより、戦隊物シリーズっぽいという感じ…。

しかも、本来なら使いこなしているはずのウールが、
まだ操縦初心者なソウゴくんにあっさりと倒されてしまいました。

「ええっ~?!」っと思った人は私だけではないはず。

アナザービルドの頃から、小悪魔っぽい感じで登場したウールは今回全くいいところなし。

美女のオーラのほうも飯田さんをアナザーエグゼイドに変身させただけ。

結果は、失敗に終わっているし、あまり有能そうには見えない感じです。(綺麗だけど…)

オープニング見る限り、もうひとりタイムジャッカーがいます。

男の背の高い紫の服きているキャラクターです。

スウォルツと言う名前だとテレ朝のジオウのサイトのキャスト紹介でありました。

→ テレ朝 仮面ライダージオウ キャスト 公式サイトへ

次回予告にチラッとでていたので5話に出てくるんでしょう。

V6の坂本昌行さんっぽい感じで渋いイケメンキャラ。

役者さんは兼崎健太郎さんといって主に舞台で活躍されていた人みたいですね。

→ 兼崎健太郎-Wikipedia へ

このスウォルツが有能キャラなのか、それともほか二人と同じく残念キャラになるのか…。

イメージ的には、なんとな~く、タイムボカンのドロンボー一味(ドロンジョ、ボヤッキー、トンズラー)な感じです。

まぁ、それはそれで、このコミカルな仮面ライダージオウにはあっているし、面白い展開になりそうですよね。

最後に

なんとなくですが、ビルドの時よりコミカルさが多いので、安心して子供と見られます。

大人としてはビルドのようなシリアスさもよかったんですけどね。

それと、次回予告を見ると、続々と昔の仮面ライダーの登場人物が再登場するので嬉しくなってきますね。

5話では、ファイズの乾やフォーゼの大杉先生がでていたので、どんな感じになっていくのか予想もつかず非常に楽しみです。

このメンバーにソウゴくんやゲイツ、ツクヨミと絡んでいくのか…。

以上、仮面ライダージオウの4話の感想でした!

⇒ 仮面ライダージオウの最新話を見逃したけど見たいと思ったらコチラをクリック!

スポンサードリンク