2018年8月12日に視聴した仮面ライダービルドの第47話「ゼロ度の炎」についての感想です。

※視聴前の方はご注意下さい。

はじめに

前回は、仮面ライダーグリスがグリスブリザード変身してビルドで一番カッコいい終わり方した回でした。

今回はそのグリスブリザードがめっちゃ強いのと、内海さんが味方になってエボルトに倒されるという展開…。

オープニング前もシリアスだし、戦闘シーンばかりで重い感じで、かつ、かな~り駆け足気味だったのですが、濃い回でした。(見てない人は絶対見るべし)

47話の要約

今回はグリスとローグの戦闘シーンがてんこ盛りでした。

・グリス

グリスがグリスブリザードに変身し、三羽烏に擬態したロストスマッシュと戦闘。

グリスブリザードの限界に近づく中で美空が現れ止めるも戦闘を続行。

苦戦しつつも倒し、最後は美空にロストボトルを渡して看取られながら消えていく。

・ローグ

戦兎、龍我、幻徳はエンジンブロス、リモコンブロスに擬態したロストスマッシュと遭遇し、幻徳が残る。

幻徳が苦戦する中で内海が現れ味方になり、さらに砂羽が現れサメとバイクのボトルを使った2人はパワーアップし敵を撃破。

エボルトが登場し、内海が限界を超えた力で倒しかけるが力尽き、最後は幻徳をかばって倒される。

・戦兎、龍我

先を急ぐ2人に幻徳と砂羽が合流し、さらに美空が現れ一海のことを知って皆悲しむ。

そこにエボルトがマスター(石堂惣一)の姿で現れて戦兎が激昂したところで終わり。

スポンサードリンク

印象に残ったシーンの感想

内海さん本当にサイボーグだった…

ネタになっていたことがありましたが、まさか本当にサイボーグだったとは…。

役者の越智友己さんはこれを知っていてあえて、サイボーグっぽく演じていたんでしょう。

というか、幻徳に撃たれて川に落ちた後、エボルトに回収されたいう設定でしたが、
それってサイボーグにしたのはエボルトではなくて葛城忍ってことになるのでしょうか?

それとも、難波重工業にそういった技術があるとか?

う~ん、わからんっ^^;

スマッシュやガーディアンを作り出すくらいだから、そういった技術が進んでいてもおかしくはありませんが。

しかし、内海さんはなんか立ち位置が微妙というか、今回の敵側裏切りもなんか怪しい^^;

「お前、本当は難波会長の敵を討つつもりなんかなかったろ?」

ってつっこみたくなりました。

会長の杖をへし折ったシーンの迫真の演技、あれは絶対に嘘演技とは思えない(笑)

本当はエボルトが地球を壊すってわかったから幻徳に味方したんじゃないかなぁ…。

だって、要所要所で戦兎たちに不利になることやりまくってましたからね。

まあ、最後はマッドローグの戦闘シーンがカッコよかったのでよしとしましょう。

スピンオフとかあるのなら、内海さんもっと掘り下げてほしいです。(願望)

マッドローグがカッコよく見える

エボルトのデータでフェーズ3、4になっているマッドローグめちゃくちゃ強かったですね。

作中の仮面ライダーの中では1番強かったのではないでしょうか?(戦兎のジーニアスも含めて)

デザイン的にはローグやマッドローグよりナイトローグのほうが好きだったのですが、
今回の強さというか、こういう戦闘シーンを見てしまうとカッコいいかもと思ってしまいました。

それにしてもつくづく思うのは、技術の進歩って凄いなってことです。

最近アマゾンプライムやauビデオパスで過去の仮面ライダー作品を片っ端から見ているのですが、
やはり戦闘シーンのCGを含めたかっこよさは最新作品が1番いいですね。

古い作品も味があるし、爆破シーンなど火薬量が今より多いものもあって迫力はありますが、
必殺技の「キラキラさ」といいますか、これでもかっていうくらいのピカピカした感じは見ていて楽しいです。

横にいた子供(甥っ子)も戦闘が強くて必殺技がカッコいいライダーはやはり好きなようで、
今回はマッドローグとローグの合体技でヘルブロスを倒したときは我が家で盛り上がりました。

子供はなによりも正義のヒーローが悪をぶっ倒すのが面白いんでしょうね。

スポンサードリンク

かずみん呼びを消えた後にする美空

一海が消えていって思ったこと…「あ~、やっぱダメだったかぁ~」。

前回のラストシーンがあのシリアスさでしたから、これでギャグっぽくしたら変になっちゃいますから仕方がないですね。

しかし、グリスブリザードの戦闘シーンはホントカッコよかったです。

必殺技でCGの氷がたくさんでて、このクソ暑い中で視覚的に涼しさを感じ取れた場面でした(笑)

実際にスーツアクターの方はめちゃくちゃ暑かったでしょうけどね。

三羽烏に化けたロストスマッシュがその後あっさりと倒されて拍子抜けしたのと、
美空が最後まで「グリス」呼びだったのはちょっと可愛そうに思えてしまいました。

消えた後に「かずみん」って呼ぶのも哀しいです。

美空役の高田夏帆さんはなんというか、ここ最近の話でビルド内で泣きそうな演技がめっちゃ多いですよね。

美人だから余計に可愛そうになってきます。^^;

今回も一海が消えていくところだけでなく、砂羽さんと一緒に泣き崩れるところと2回も泣いてます。

残り2話もエボルト相手に苦戦必至なわけで、美空が泣くシーンてんこ盛りっぽいのがちょっと重いですね。

戦兎のいう新世界が実現して笑顔になっている映像を早くみたいものです。

最後に

今回で、一海と内海さんが終了しました。

これ「本当にラスボスのエボルトをどうにかできるの?」って展開ですねぇ。^^;

次回に幻徳さんもかずみんと同じく消えてしまうような映像がありました…。

4人でも倒せなかったエボルトを相手に3人で、それも幻徳さんはボロボロの状態で戦うのは無理ですよね。

最終話前に仲間が倒れていく展開っていうのは、なんかグッとくるものがあります。

次回が待ち遠しいです。

以上、仮面ライダービルドの47話の感想でした!

スポンサードリンク