2017年10月8日に視聴した仮面ライダービルドの第6話「怒りのムーンサルト」についての感想です。

※視聴前の方はご注意下さい。

はじめに

前回は、龍我のまさかの裏切りにより、立弥がスマッシュに逆戻り。

今の状態ではどうやって無実を証明するのは無理っぽいのに、あまりにも近視眼的な発想すぎる。

実際に逃亡犯として今の状態に焦る気持ちはわからなくもないですけど、戦兎を気絶させちゃダメだろうよ、と思った人は多かったはず。

ファウストのアジトが見つかっても、龍我の今の力ではひねり潰されることは間違いなく、戦兎の協力が必須のはずなんですから。

今回は、物語の核心部分にまた一歩近づき、戦兎や龍我がスマッシュと同じ存在であるという事実が判明します。

6話の要約

スマッシュ(立弥)を追った龍我はスカイウォールで治安部隊に拘束されそうになるがビルド姿の戦兎に救出される。

その後、大喧嘩をする2人だったが、ファウストのアジトを見つけ、潜入する。

記憶の中にあった場面と同じ場所で、ブラッドスタークがあらわれ、戦兎と龍我がスマッシュと同じ存在だと告げられる。

怒りに任せて戦う戦兎だったが龍我の説得で我に返り、立弥を救出し、アジトから脱出。

その後、立弥から龍我よりも前の時間に戦兎が葛城博士のもとに向かっていたことがわかったところで終わり。

印象に残ったシーンの感想

6話のツッコミどころ

なぜか歩いて去っていくブラッドスターク

前からツッコんでいるわけですが、今回もブラッドスタークはなぜか歩いて去っていきます。

一応、スマッシュになったタツヤがいるとはいえ、戦兎に後ろから攻撃されたらどうするのか…。

ほんのちょっとの「間」なのですが、秘密の実験場の階段を登って、どこかへと去っていくこのシーン。

会社の仕事が終わって「お疲れ~」的に帰っていくサラリーマンの後ろ姿によく重なって、なんともいえない乾いた笑いがでてしまいました。^^;

新薬のバイトに向かう佐藤太郎

今回の最後にスマッシュから解放され、救出された後輩のタツヤが、佐藤太郎が葛城巧の新薬のバイトに向かったということがわかります。

赤いツナギを着て、アホっぽくマンションに入っていくあのシーン。

どうみても、超DQN、今の桐生戦兎ではないですよね…。

それとも記憶を取り戻したら、このツナ義ーズの佐藤太郎に戻ってしまうのでしょうか ^^;

というか、ツナ義ーズの佐藤太郎(犬飼貴丈さん)と岸田立弥(ザ・パーフェクトのピンボケたろうさん)のユニットの音楽、ちょっと聞いてみたいです。

後、佐藤太郎は今後もでてきてほしいです。犬飼貴丈さんの演技力もあって、非常に魅力的な人物に思えますから。

博多大吉にそっくりな戦兎さん

桐生戦兎役の犬飼貴丈さん、誰かに似ているとずっとひっかかっていたのですが、今回の秘密の実験場の大爆発シーンでわかりました!

芸人の博多大吉さんですよ。

比べてみると、やっぱり目元が似ています。

気がついて、ちょっと調べてみたら「あ~、似ている」と妙な感動をしてしまいました ^^;

なんか、喉に刺さった骨がとれたような感じです。

しかし、全然関係ありませんが、華丸大吉ってユーチューバーになっていたんですね、知りませんでした。

内海成彰役の俳優さんは誰?

氷室玄徳の秘書役で登場する内海成彰役の俳優さんについて今回は調べてみました。

お名前は、越智友己さんというそうです。

2012年くらいから舞台などで活躍し始めてCM、映画、テレビドラマなどにも多数出演されています。

Googleの画像検索でどんな人なのかチェックしてみると、内海役とぜんぜん違って若々しくカッコイイです。

⇒ Googleの画像検索「越智友己」を検索してみた結果はコチラから

氷室玄徳役の水上剣星さんの時のヒゲもそうでしたが、越智友己さんもメガネ1つで印象がまったく違ってきますね ^^;

いい意味で驚かされました。

後、越智さんの役の内海はほかの政府の登場人物たちと明らかに扱いが違います。

ビルドの公式サイトでも重要人物のような紹介のされかたですし、今後の物語で「あっ」というようなキーマンになるかもしれませんね。

彼の行動は要チェックしておきましょう。

スーツアクターさんたち

ビルドは人間関係が面白いので、ついつい仮面ライダー独特の戦闘シーンをすっ飛ばしてしまうのですが、最近はブラッドスタークとの戦闘が頻繁になってきたので、戦闘シーンもいいです。

スーツアクターさんをチェックして見ると、やっぱりビルドは高岩成二さんでした。仮面ライダーといえばこの人ですよね。

戦闘シーンの見やすさ、カッコよさは抜群で、ベテランの技が光ります。

一応、スーツアクターさんたちをピックアップしてみると、

    仮面ライダービルドが高岩成二さん
    仮面ライダークローズが永徳さん
    ナイトローグが渡辺淳さん
    ブラッドスタークが岡田和也さん

だそうです。

皆さん常連で戦闘シーンの呼吸がピッタリあった感じでいいですよね。

ファウストのガーディアンとかの戦闘とか、CGをたくさん使ったシーンもいいのですが、私は肉弾戦のほうが好きなので、もっと戦うシーンを増やしてほしいです。

最後に

今回は今までと違い、完璧超人的な存在だった戦兎に弱さみたいなものが見れたのがよかったです。

それと、戦兎が龍我を説得するというのではなく、龍我が戦兎を説得するというところもみていてグッときました。

そして、お互い同じような存在と判明して、本当の意味での仲間っぽい感じになってきてからの、最後のどんでん返し。^^;

次回は、メチャクチャ龍我荒れまくり、また戦兎と大喧嘩しそうですね…。

以上、仮面ライダービルドの6話の感想でした!

スポンサードリンク